読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモを揉め

お勉強の覚書。

chokidarを使ってファイルの変更をwatchする

Riot.jsの話。

カスタムタグが増えるにつれ、Riot CLIによるコンパイル時間がバカにならなくなってきた。
特にwatchの立ち上げ時に時間がかかる。
コンパイルオプションとしてBabelとStylusを使用しているので、最初これらを疑ったが、buildのみだとさほどかからないので、Riotのwatchオプション内で何かまずい事が起きていると思われる。

そこで、私の上長がファイル変更の監視をchokidarで行う方法に書き直したところかなり改善された。
ソース全体のビルドはnpm run buildのみで行い、npm run watchでは初回ビルドを行わないようにした。

{
  "scripts": {
    "build": "riot --type babel src/tags lib/tags",
    "watch": "SHELL=/bin/bash chokidar 'src/tags/**/*.tag' -c 'OUTPATH=`echo {path} | sed -e \"s/^src/lib/\" -e \"s/\\.tag$/.js/\"` && mkdir -p $(dirname $OUTPATH) && riot --type babel {path} $OUTPATH'"
  }
}

こういう時、sed正規表現が分からなくて、大体いつもここを見に行っている。

chokidar

chokidarは指定した対象の変更をフックして、任意の処理を実行する事ができるnpm package。

github.com

みんなつこてる。

It is used in brunch, gulp, karma, PM2, browserify, webpack, BrowserSync, socketstream, derby, and many others. It has proven itself in production environments.

使い方

-cまたは--commandに続けてフックさせたい処理を渡す。

$ chokidar '監視したい対象をglobで指定' -c '実行したいコマンドを渡す; この中では{event}で変更の種類、{path}で変更のあったファイルのパスが参照できる'