読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモを揉め

お勉強の覚書。

LightTableのプラグインを手動でアップデートする方法

LightTableは下記のディレクトリに各プラグインのフォルダが置いてある。(OS Xの場合)*1

~/Library/Application\ Support/LightTable/plugins/

ここにプラグインリポジトリをクローンして、LightTableを再起動すればアップデートは完了する。

下はRuby Instareplをアップデートする際の例。

$ cd ~/Library/Application\ Support/LightTable/plugins/
$ git clone https://github.com/existentialmutt/lt-ruby.git

ついでにフォルダの名前をlt-rubyからRuby Instareplに変更しておく。
これは、他のプラグインもフォルダの名前がプラグイン名と同じになっていることに習ってそうしているが、必要かどうかは定かで無い。

プラグインリポジトリの場所はプラグインマネージャで確認できる。
具体的にはsourceというボタンを押すと、リポジトリのURLをブラウザで開いてくれる。

蛇足っち

最近プラグインの更新が無いなあ、無さ過ぎるなあとは思っていた。
やっぱり更新に失敗していた。

Rubyのプラグインがいまいち調子悪いので重い腰を上げて調べてみた。
(具体的には[]Array.newを使って配列を作ると、エラーになる症状があった)

以下はchangelogより一部抜粋、

* CHANGED: Remove plugin server and use Github as the plugin-metadata repository (ibdknox)

Remove plugin serverって書いてありますね。
代わりにGithubのplugin-metadataリポジトリを使います、というように解釈した。

プラグインマネージャーを使ってインストールすること自体は出来ていたのでまったく使えなくなった訳じゃ無さそうだし、、、
とにかく、良くわからないけどplugin-metadataリポジトリを見に行ってみた。

リポジトリにはズラっとプラグインの名前のフォルダが並んでいる、どうやらここでプラグインをホストしているっぽい。

Ruby Instareplのフォルダを見てみると、なんと0.0.15までリリースされている。
自分のLightTableのプラグインの更新は0.0.9で止まっていたので、明らかに更新の通知がうまく取れていない。

バージョニングの並びを辞書順で、

0.0.1
0.0.10
0.0.11
0.0.12
0.0.13
0.0.14
0.0.15
0.0.2
0.0.3
0.0.4
0.0.5
0.0.6
0.0.7
0.0.8
0.0.9

こう解釈してしまっていると思われる。

そういえば、以前長さが1000の配列をコンソールに出力した際にも辞書順で整列されていた。
light table console

Ruby Instareplのバージョニングの方法が悪いのか、プラグイン管理の仕方にバグがあるのか分からないけど、どうやらこれは手動で入れるしか無さそうだ。

自分の場合、LightTableを再インストールした際、プラグインマネージャの表示するプラグインのバージョンが下がった様な気はしていた。

プラグインマネージャがうまく最新版を取ってこれないので、手動でクローンしてあげたら上手くいった。
まあ根本的な解決にはなってないので、いい方法を知っていたら教えてください、よろしくお願いします。

*1:他の環境は見てないので分からないが、いわゆるユーザーディレクトリ下にあると思われる。